上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.jpg
今日の空は、見事な秋晴れだったので
突然ドライブにいってきた。

行ってきたのは、国営備北丘陵公園。
コスモスが、満開!
気持ちよかった~
スポンサーサイト

【2009/10/04 21:07】 | 閑話休題
トラックバック(0) |

コスモス
jun
見事ですね。
コスモス、だいすきな花です。
最近いろんな品種が出ていますが、昔ながらのこうした色合いがいいですね。
家の窓から見える斜面に植えられているコスモスは朱色がほとんど、よそさまの土地で文句は言えませんが、できればやさしいピンクがいいなあと思いながら遠目に眺めています。


アゲハ母
うわぁ~!見事なコスモスですね!
私なんて、お月見用のコスモスを何処か咲いてないかウロウロしても全然見つからなかったというのに・・・ココに来れば取り放題♪(笑)


なほ
ここ、いつか行こうと思ってるうちに
引っ越してしまいました。
残念です~。

私も週末は実家近くのコスモス祭りに
行ってきました♪
とーっても小規模でしたが
キレイでした。

コメントありがとうございます。
旦サン
★junさん
コスモスは、遠目で見てよし近づいてみてよし
きれいですよね。
国営備北丘陵公園にもたくさんの種類が植えられてましたよ。
花びらの形もさまざまですし色づきも微妙なコントラストがあったり
一輪、一輪見てても飽きません。

お近くのコスモス畑にこっそりピンクのコスモス植えて来年の
楽しみにしましょう(笑)

★アゲハ母さん
いっぱい、咲いてるときれいですよね。
この日は、特に青空がきれいで良く映えてました。
ただ、やっぱりここのは摘んじゃだめですね(笑)

★なほさん
少し前までは、秋に花火大会もあってすごくきれいだったんですよ。
あと、イルミネーションもきれいですからぜひ一度行ってみてください。
高速1,000円のうちに(笑)

コスモスは、丈夫で育てやすいのかあちこちで
栽培されてますよね。
秋を感じるにはぴったりな花ですね。

綺麗!
絵下山の紅葉
きれいなコスモスですね。
たくさん花が咲いているんですよね。
国営備北丘陵公園に行ったのは、結婚前です。
すごく綺麗で広い公園だったのを覚えています。また行きたいな

コメント
旦サン
★絵下山の紅葉さん
すごくきれいだったんですよ。
昔は、コスモスの満開にあわせて花火大会もあったんですけど不景気で中止になったんですよ。


コメントを閉じる▲
9月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1508ページ

オリンピックの身代金オリンピックの身代金
オリンピックを人質に国から身代金強奪を目論む島崎国男と犯人逮捕を一義とする捜査一課五係とのやりとりを中心に島崎を取り巻く理不尽な出稼ぎ労働者への待遇、ヤクザの搾取警視庁内部の公安と刑事の対立など細かく書かれている。今の格差社会と通じるものもあり身につまされる。
ラストへ向かってのスピード感溢れる展開など読み応え十分。
読了日:09月03日 著者:奥田 英朗
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
あちこちで評価の高い作品のようだが、私個人はあまり好きではない。突飛な表現は多いが話の展開に広がりがない。
特に前半は、モリミワールドに慣れない分苦戦、後半は、テンポよく読めた。
町田康の宿屋めぐりもそうだが、ファンタジーとはこんなものかもしれない。なむなむ
読了日:09月06日 著者:森見 登美彦
猛スピードで母は (文春文庫)猛スピードで母は (文春文庫)
「電化製品列伝」を読んだあとに読むと出てくる電化製品に味わいがある(笑)語り手の子供たちの大人への距離感が絶妙。端からみればもっと子供らしくてもいいんじゃないなんて思うが、親のほうが子供なのだから自然と大人な対応をしてしまうんだろうなぁ(苦笑)
読了日:09月07日 著者:長嶋 有
たのしい写真―よい子のための写真教室たのしい写真―よい子のための写真教室
タイトルとは裏腹に大人が読んでたのしい本。芸術としての写真の大まかな歴史など分かりやすく興味深い。ただ、最後の補習の作家堀江敏幸との対談は、あまりに概念過ぎて蛇足だと感じた。
読了日:09月13日 著者:ホンマ タカシ
あなたと共に逝きましょうあなたと共に逝きましょう
義雄の往生際の悪さにイライラする。動脈瘤という爆弾に怯えているようで車の運転や温泉治療など無神経にしてしまう不合理さに違和感がある。実際自分に降りかかるとこういう心理になるのか?
読了日:09月21日 著者:村田 喜代子

読書メーター

【2009/10/01 22:32】 | 本のこと
トラックバック(0) |

読書
jun
相変わらず、よく本を読んでいらっしゃいますね。
読書の秋ですね、あんなに本好きだったのに、最近読書量が減ってきました。
この5冊のなかでは、「オリンピックの身代金」と「たのしい写真―よい子のための写真教室」に興味があります。

コメントありがとうございます
旦サン
★junさん
オリンピックの身代金は、サスペンスとしても面白いですが
オリンピックで盛り上がる当時の生活記録としても興味深く読めましたよ。
当時の暮らしの様子や首都高での話はもちろん出稼ぎ労働者の悲惨な状況も丁寧に描いてあります。

たのしい写真は、日経新聞の書評にあり手にとったんですよ。
作品としての写真の歴史が分りやすくなってます。
あとアラーキーさんとの対談などは面白かったですよ。
私に写真の知識が少しあればもっと楽しめたと思います。

読書の秋でもありますからいろいろ読みたいですね。


アゲハ母
私も10月は内職が少ないみたいなので、なんか読もうかな?
ドラマ放映前に「ナイチンゲールの沈黙」とか「不毛地帯」とか・・・

コメントありがとうございます。
旦サン
★アゲハ母さん
不毛地帯は、山崎豊子ですよね。
かなりガッツリですよ。気合を入れないと(笑)

旦サンのオススメは、ナイチンゲールの沈黙です。ドラマとのギャップを楽しめると思いますよ。
ただ旦サン的に白鳥は、仲村トオルより八嶋智人なんですけどね(謎笑)

ぜひ読んでみてください。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。