上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月は、読書ペースが上がらずやっと1冊読了。

市場原理主義が世界を滅ぼす! 〈日本人〉再生への提言

経済小説を多く書いている高杉良氏の提言をまとめたもの。
小泉‐竹中が、進めた市場原理主義に基づく政策を一刀両断。
いまの格差社会を作ったのは、アメリカに迎合しアメリカの言うがままに
金融開放を行った為と記している。

不良債権処理が先か景気回復が先かまるで鶏が先か卵が先かのような感想を持った。
ただ、見掛け倒しの改革を構造改革と言ってはばからない小泉政権は
著者が言うように反省をするべきだと思う。

喫煙本数 0本
診療代  ¥0
吸ったつもり貯金 ¥0
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2009/03/18 22:36】 | 本のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。