上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙もほとんど気にならなくなってきて特に記事になるようなこともなく放置してたが
せっかくなので読んだ本についてつらつら書いてみる。

読んだ本の数:1冊
読んだページ数:544ページ

出星前夜出星前夜
島原の乱を蜂起勢側から丹念に描かれていて読み応え十分。学校では天草四郎が中心になりキリスト教弾圧に対抗して乱を起こしたと教えてもらったような気がしたが実際には、棄教後理不尽な年貢の取立てや流行病に対しての無策に耐えかねての蜂起だったこと、なぜ長期にわたり討伐軍と渡り合えることができたかなどが丁寧に書かれている。br />読了日:06月18日 著者:飯嶋 和一

読書メーター
スポンサーサイト

【2009/07/10 23:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。